Headlines

幽麗塔

コスモロジー・オブ・京都

久々のクレーンゲーム

スーパーペーパーマリオ

幽麗塔

Posted in: 未分類 | Comments (0)

私のイチオシの漫画は医龍でおなじみの乃木坂太郎さんが描いてる「幽麗塔」です。
LINEの無料漫画で読んでからはまり、その後の巻はレンタル屋で借りました。

何が面白いのかと言うと、まず絵がわかりやすく綺麗です。
そして、ストーリーも性同一性障害を題材に恋愛と友情、ミステリーの謎解きがあるのも見所です。
時代背景も現代より少し前なので、服装や小物などの細部にまで拘って描かれており、とても内容が伝わりやすくなってると思います。
主人公のテツオと天野の友情のような恋愛の感情がとてもみていて切なくなります。
そして、人間の欲深い部分などもしっかり表現されていてストーリーがいつも気になります。
元々は外国の本だったようです。
乃木坂太郎さんの手によりさらに面白くなってるんだと思います。
この漫画が完結したら、原作を読んで見たいです。
多分、いつかドラマ化もしくは映画化するだろうと思います。
この漫画のファンも多いと思うのでキャストで世界観が潰れないといいのですが。
楽しみにしています。

大人の漫画は課金制になってしまいますが、やっぱり楽しいですよね!

大人18禁漫画を無料ダウンロード! 

monk @ 10月 25, 2014

コスモロジー・オブ・京都

Posted in: 未分類 | Comments (0)

ゲームの類は人生においてほとんどやったことがないのですが、唯一そこそこにやったゲームが昔ありました。やったのは20年近く前、その名は、コスモロジー・オブ・京都。平安時代の平安京を舞台にしたゲームで、京の町を実際に見てあるくことができ、ゲームに興味がなくても歴史好きにはとても楽しめる作品だと思います。とはいえ、内容は、かなり、えぐい・・・。ゲームの始め、ゲーム中の自分は何も持っていないので、まず、そこに転がっている死人の着物アンド財布をはぎ取るところから、ゲームスタートです・・。芥川龍之介の羅生門ばりの世界です。ゲーム中においても、あまりほめられた行いでないことをするたびに、「業」がたまっていきます。「業」がたまりすぎると、問答無用で地獄に落ち、長い地獄めぐりをみるはめになります。右京をうろうろすれば、すぐに強盗にきられたり、鬼に殺されたり。そしてやっぱり地獄に落ちます。すごろくをして遊んでみれば、負けた上に相手が鬼に変わり、殺されてやっぱり地獄に・・。わくわくして内裏に入ってみれば、怨霊物の怪の巣窟・・(それもそれでわくわくしますが・・)。でも、当時の平安京の右京はほんとうにさびれていたようですし、治安もきっとめちゃくちゃ悪かったことでしょう。平安貴族が本気で怨霊にびびっていたとも聞きますし、このゲームは平安時代の雰囲気を実は正しく伝えているのではないかと思います。えぐいばかりではなく、平安京で是非ともみたいスポットや人物ももちろん入っています。安倍晴明の一条戻り橋、空海が雨乞いをする神泉苑、役小角や渡辺綱、などなど・・。こういったスポットをみようとして移動するとすぐに何かに殺されて地獄行でなかなかスポット巡りができない、というのがちょっと不満でしたが、大変いい作品だったと思います。シリーズで「コスモロジー・オブ・江戸」とか、「コスモロジー・オブ・長安」なんてのがあったら是非やってみたいものです。

えぐい繋がりですが、この漫画もかなりないようがえぐいです。まあレイプものですが・・・

孕ませ合法化 ダウンロード

monk @ 10月 20, 2014

久々のクレーンゲーム

Posted in: 未分類 | Comments (0)

つい先日、久々にゲームセンターでクレーンゲームで遊びました。
その日は朝から天気がぐずついて微妙な天気だったのですが、予報では私の外出時間中に雨は降らないとのことだったので傘を持たずに家を出ました。
多少不安はあったのですが、多分大丈夫だろうなんて気持ちで出かけたのが災いしたのか用事を済ませて帰ろうとした時に降り出しました。
振り出しから雨足は激しく、手荷物の中に濡らしてはまずいものがあったので早々に適当なところで雨宿りしようと入ったのが偶然にもゲームセンターでした。
正直、入店直後は遊ぶつもりなんて全くありませんでした。
私の他にも雨宿りらしき人はたくさんいましたし、雨足が弱まったら出て行く気満々でした。
しかし、雨足は弱くなる気配がなく暇を持て余した私はなんとなくゲームセンターの中をフラフラし始めました。
あっちをフラフラ、こっちをフラフラしながらいろいろ見て回っていたのですが、多種多様なゲームに気配りのできる店員さん、景品を入れる袋が設置されているなど、だんだん見ているうちに私の中のイメージしていたゲームセンターとの差がとても大きいことに気付き、なんだか新鮮な気持ちになりました。
私が知らないうちにゲームセンターも進化しているんだなと時の流れも感じました。
その中でも特に驚いたのはクレーンゲームでした。
私の小さい頃に兄弟とやっていたものとは違い、ただ掴んで落とすだけでなくなっていて、支えている紙や糸を切って落としたり、引っ掛けて落としたりとアクションが増えていましたし、店員さんに言えば景品を元に戻してもらったり、変えてもらえるのもなんだかすごいと感じました。
そして、見ているうちになんだかやりたくなってきて私が好きなアニメのポスターが景品になっていたクレーンゲームに挑戦してみることにしました。
取れないだろうなと思いながらの挑戦だったのですが、思いのほか簡単に一つ取れて、気分が良くなってしまい、結果的に調子に乗っていろいろなクレーンゲーム挑戦していました。
何回挑戦してもうまくいかないで苦戦している時には店員さんがアドバイスをくれたり、取りやすい位置に動かしてくれたりもしたのでとっても楽しめました。
そして、気づいたときにはいつの間にか雨も上がり、私の手の中には数枚のポスターと大きめぬいぐるみが三つほど鎮座していて店員さんが良い笑顔で「大量ですね」と言いながら袋に詰めてくれました。
本当に年甲斐もなく時間を忘れて楽しんでしまいました。
予定外の出費だったのですが、とっても満足でした。
また今度、余裕があったら是非チャレンジしてみたいと思います。

monk @ 8月 4, 2014

スーパーペーパーマリオ

Posted in: 未分類 | Comments (0)

小学5年生と1年生の息子。彼らはマリオが大好きです。
数年前のクリスマスにサンタクロースからもらった、wii本体とスーパーマリオブラザーズ。
これをやりだしてからマリオ大好きになったようです。スーマーマリオは子供たちだけでなく
親もはまってしまいました。攻略本買ってきてステージクリアにスーパーコインの取り方を調べ
子供と一緒によく遊んだものです。
その後も、誕生日やクリスマスには、マリオのゲームが増えていきました。
マリオパーティ、マリオヒストリー、マリオコレクション等様々なソフトが我が家にあります。
マリオヒストリーは、40代の自分が子供の頃によくやった元祖スーパーマリオブラザーズも
入っており、これを子供と一緒にやることが大変うれしいですね。
最近何か新しいソフトないかと探していた中、中古ではありますが面白そうなマリオゲームを見つけました。
それがスーパーペーパーマリオです。
これは二つの世界を切り替えながらステージをクリアしていく斬新なものです。
二つの世界とは、今までのマリオと同じく横から見た画面のペラペラ世界、立体的に見た立体世界のこと。
ペラペラ世界ではみえなかったのに、立体世界に切り替えると、ブロックの向こうにまたブロックが
あったり、横からは見えないところに新たなルートがあったりと、とても面白い。
また、wiiリモコンを画面に向けると怪しいところを教えてくれる機能もあり、パズルゲーム的な要素を
含んだマリオゲームです。
まだまだこれからだが、これでまた子供たちと楽しい時間を過ごそう。、

monk @ 7月 25, 2014

最近ハマっているゲーム

Posted in: 未分類 | Comments (0)

3DSの「ファンタジーライフ」と「ファンタジーライフLINK!」にハマっています。
総プレイ時間は250時間です。
最近のゲームは、インターネットを通じて、追加コンテンツ入れたり、データ更新したりクリアしてもそのままずっと遊べるゲームになっているんですよね。ファンタジーライフもそういうゲームです。
このゲームをやって好きなところは、職業に就いて色々体験して見習いからマスターまでレベルを上げると、ゲームの中で仲間がその職業に合った内容の曲を一緒に歌ってお祝いしてくれるんです。ちょっとしたパーティーを開いてくれます。それが、レベルをずっと上げて立派に成長した達成感を味わえます。職業が何種類かありますが、全部マスターのレベルまで上げようと思います。職業に就くと、音楽にそってボタンを押しながら、職業に合った物を時間内に制作するのですが(裁縫師だと洋服を作るなど)、童心にかえって3DSのボタンをミスなく押すことに必死になってます。
そういうところがお気に入りのところです。オススメゲームの1つです。

他にもオススメしたいのがあります。それはスマホでのエロ漫画です!

俺得修学旅行

monk @ 7月 22, 2014

GTA5 散々探したが、結局

Posted in: 未分類 | Comments (0)

GTA5で私はオベイ9fカブリオという車が欲しくて街中探しまわりましたが、なかなか見つかりません。この9fカブリオは2種類あり、もう1つはオベイ9fという車です。この2つで何が違うのかというと、オープンカーにできるかできないかの違いです。9fカブリオはルーフを閉める事ができ、オープンカーにできます。しかしオベイ9fはできません。GTA5はオンラインとオフラインがあり、オンラインであればどちらでも購入できます。しかし私はオフラインで無料で入手する事で本当に欲しい車なのかどうかを判断したいと考えていました。オフラインはオベイ9fしか購入できません。そして私はある事を思いつきました。それは主人公ブームと呼ばれる方法です。名前は私が勝手にネーミングしましたが、これは主人公が乗っている車だと、街中に出現頻度が上がるという方法です。そしてオベイ9fを購入して、街中を走るも結局、見つかりませんでした。もうオンラインで購入してしまいました。ですが、購入するべき車だったと今では思います。

monk @ 7月 20, 2014

小さい頃遊んだモグラたたき

Posted in: 未分類 | Comments (0)

昔、とっても小さかった頃に、初めてゲームセンターに行って遊んだのは、モグラたたきでした。
小さなハンマーを持って、穴から出てくるモグラをポコポコたたいて遊んだ思い出があります。
そして、点数が出て、機械の下から飴が出てくるとすごく嬉しかったです。
小さい頃、モグラたたきを見つけたら、よく遊んだなと、すごく懐かしくなります。
今は、いろんなゲームが増えてゲームセンターにあるので、面白そうだなと思います。
最近は、ゲームセンターにあまり行かないので、どんなゲームが流行っているんだろうと気になります。
今でも、モグラたたきってあるのかなとふと思ってしまいます。
あったら、久しぶりに遊びたいです。
昔遊んだのは、穴から出てくるタイプとトンネルのような穴から出てくるタイプの二種類がありました。
最後の方になると、穴の中に入るのが早くなったり、たくさんのモグラが一気に出てきたりしていました。
でも、その時が一番楽しかったです。

monk @ 7月 12, 2014

初めてクレーンゲームをした時のラッキーな出来事

Posted in: 未分類 | Comments (0)

昔、友達とゲームセンターに行く遊びに時、プリクラや太鼓の達人などをして遊んでいました。
クレーンゲームは、友達がやっているのを見るだけだったのですが、一度だけ、可愛い小さなぬいぐるみのクレーンゲームに挑戦したことがありました。
クレーンゲームはやった事がなかったし、難しいと聞いていたので、遊ぶ時すごくドキドキしました。
慎重に、ほしいぬいぐるみの所までクレーンを動かしてボタンを押して、クレーンが下がっていく瞬間はすごく緊張します。
でも、その時、ほしいぬいぐるみを上手くつかむことが出来て、ゲットする事が出来ました。
あの時の出来事は、すごくラッキーな出来事だったなと思いました。
今でも、その初めてゲット出来たぬいぐるみは、大切にしています。
友達と遊びに行って、初めてゲームセンターのクレーンゲームに挑戦して、ゲットしたものなので、すごく大切な思い出です。
最近のゲームセンターでは、小さいマスコットのクレーンゲームをあるので、またやってみたいなと思いました。

monk @ 7月 5, 2014

聖剣伝説3

Posted in: 未分類 | Comments (0)

私にとっての「ゲーム」といえば、当時はまだ合併していなかったスクウェア社の名作、スーパーファミコン用ソフト「聖剣伝説3」です。いつまでもプレイ時の思い出が色あせない、鮮やかなゲームだと思います。

私が聖剣伝説3を知った時は発売からすでに何年か経っていて、確かFFでいうと7と8の間くらいだったように思います。スーパーファミコンどころかプレイステーションが出ていた時代ですね。当時中学生だった私のノートに、友人が聖剣伝説3のキャラクターを落書きしたことが始まりでした。
「誰?このキャラクター」
「聖剣伝説3っていうゲームのキャラだよ。超面白いの!貸そうか?」

そんな感じであれよあれよという間にうちにやってきた聖剣3。そこまでゲーマーというわけでもない私は、とりあえず友人が一緒に貸してくれた攻略本(説明書はなかった)のキャラクター紹介ページを読んでみることに。
このゲームには6人の主人公候補がいて、その中から主人公1人(と仲間2人)を選ぶのですが、ページ見開きで1人ずつ紹介されていました。最初はいかにも主人公な感じの剣を持った少年から始まり、勢いよく蹴りをする少年、イケメンキャラらしき盗賊の男(ちなみにノートに書かれたのはこのキャラでした)、と、三人男が続いてきた辺りで正直このゲームをやるかどうか迷いました。基本的に私はゲームのキャラクターは女性のほうが好きで、格ゲーでいえば春麗一択。私自身が女なので、基本的に「自分が操作するなら女の子のほうがいい」タイプだったのです。
主人公が男しかいなかったらどうしようと思いつつページをめくると、今度は華やかな魔法使いらしき女の子!がぜんテンションが上がる私。他に気に入るキャラがいなければこの子を主人公にしようと思いつつページをめくると、次はどう見ても幼稚園児にしか見えない小さな女の子。いくら女の子のほうがいい私でもこの幼さには惹かれない・・・、やっぱりさっきの女の子かなぁとため息つきながらページをめくった先にいたのが、私を二次創作好きに追い込んだ張本人、金髪の槍使いの少女だったのです。

そのキャラクターは今現在でもものすごい人気を誇るキャラクターで、イラスト投稿サイトなんかにいくとたくさんの彼女のイラストが見られます。(少々私の「好き」の方向性とは違うものも多いですが・・・)
当時の私が何で一目見ただけのこのキャラクターに強烈に惹かれたのか、正直今でもよくわかりません。ただ、「本当はこういうキャラがお前は好きなんだろう?」と言い当てられた感じだったように思います。彼女を一目見て、同じ感覚になった人も結構いるんじゃないかなぁと思うんですが、どうなんでしょうね。

とにかく最後に飛び込んで来た彼女を主人公にし、ゲーム開始。
すると冒頭からかなり重いストーリーだわそれを演出するグラフィックと音楽が素晴らしいわ戦闘も難しすぎず簡単すぎずでのめり込んでいくわ主人公変えるとシナリオもかなり変わって何回でもやれちゃうわでもう大変。
こんなにもやり込んだゲームは他にはないです。すべては物憂い気な戦士の女の子から始まったゲームでしたが、今ではどの主人公も好きだし、またスーファミ引っ張りだしてやりたいゲームっていったら聖剣3かマリオくらいです。
特に追加とか改変とかいらないから、そのままを移植してもらえないかなぁと強く思います。

monk @ 6月 28, 2014

未だにはまっているトルネコの大冒険3

Posted in: 未分類 | Comments (0)

新しいゲーム機が出続けている中、未だにGBA版のトルネコの大冒険3にはまっています。
その中でも攻略が難しいと言われているポポロ異世界にどはまり中です。
ただ逃げて階層を降りるクリアはできているのですが、
ダースを仲間にしてクリアというのが未だにできません。
PS2よりも難しいと言われているGBA版でやることに意味があると思い、何度も挑戦を続け早数年…。
気が付けば2万回の挑戦をしています(苦笑)
攻略方法を徹底研究して、一番良いのがスモコンを駆使した攻略だと思い実践しています。
まず必要なアイテムは水がめ!これが無ければ話になりません。
次にマストモンスターはホイミン×2!こいつさえ6,7階で仲間になればスモコンの準備は完璧です。
8~12階でペンコンを済ませ、13~15階は腹減りでパンを稼ぎ16,17階は弱体の罠を見つけ18階から本格的なスモコンです。
ここまでは最高なのですが、キラーマを仲間にした辺りからやる気をそがれるんですよね。
早くフラデルのところまで行きたいものです。

monk @ 6月 20, 2014